違法な薬のネット販売

ここでは、ネット販売されている違法な薬についてお伝えします。
近頃は、法で規制されている薬の成分とあまり変わらない合法ドラッグなどがネット販売されていることがあります。
合法ハーブなどと呼ばれる薬がそれです。

こうした薬は、覚せい剤や大麻に似た成分の薬となります。
アロマオイルやバスソルトなどという名称でネット販売されていることもあります。
こうした薬は、
中枢神経を刺激して幻覚や意識混濁などの症状を引き起こさせます。
MDMAやシンナーなども吸うと体に害があります。
いくらネット販売されていても、こうした違法な薬は買い求めないようにしましょう。
また、間違って購入しないように気をつけることも大切です。

合法ドラッグや合法ハーブだから大丈夫というわけではないのです。
それをしっかりと認識しておく必要があります。
特に、若者が好奇心から買い求めて安易に吸ってみたりすることがあるようですが、それによって取り返しのつかない事態を引き寄せてしまうこともあります。
ですから、注意が必要です。

さらに、コカインやマジックマッシュルームも違法な薬とされています。
もし、こうした危険ドラッグを仲間からすすめられても、絶対に断るようにする勇気を持ちましょう。