Category Archives: 2015年3月

病気や怪我などをした時に薬を病院で処方してもらいます。
薬には内服薬や外用薬、塗り薬、目薬、ハップなど様々な種類があり、またその薬のなかでも何万種類もの薬があります。
この何万種類もある薬の中には、先発医薬品と後発医薬品の二種類あります。
先発医薬品は最初に開発され発売された薬で新薬とも呼ばれています。
後発医薬品は先発医薬品の再審査期間や特許期間終了後の20年~25年後に同じ成分・同じ効き目として発売された薬で、通常ジェネリック医薬品と呼ばれています。
このジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ効果があり費用も抑えられるため利用する人も数多くいますが、ジェネリック医薬品は安全性が心配だという人も少なくはないのです。
それではジェネリック医薬品の安全性を説明します。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同様に安全性試験を経て様々な基準を守り製造されています。そしてジェネリック医薬品の品質や安全性などは厚生労働省で審査され認められたうえで発売されているので、品質・安全性ともに心配する必要はないのです。
薬の種類によってはジェネリック医薬品がない場合もありますが、ジェネリック医薬品の魅力は治療にかかる費用を抑えることができるということです。